Archive for the ‘選び方’ Category

汗っかきの人におすすめの羽毛布団の選び方

2015-02-20

汗っかきの人にとっての羽毛布団の選び方はちょっと基準が異なります。
通常は暖かさと軽さに重点をおいて羽毛布団を選ぶのが一般的ですが、汗を多くかく人は、まず何よりも通気性に重点をおいて選びましょう。

もちろん暖かさと軽さも重要なので、プラスで通気性を気にして選ぶと言ったほうがいいかもしれません。
いかに羽毛布団に汗を溜め込まないかが重要で、なかに汗がこもってしまうと羽毛は痛みカビやハウスダストの温床になりかねません。

羽毛には汗などの水分を弾く効果がありますが、それはあくまでも水鳥の羽毛の場合。
水鳥ではない羽毛ではそこまで汗を弾いてくれません。

これはかなり重要なことですが、水鳥の羽毛かどうかは表示されていることも少なく、判断が難しいのが現状です。

とすればは羽毛の産地から選ぶしかありませんが、ポーランド産やハンガリー産などグレードの高い羽毛が充填された羽毛布団を選んでください。
多少高額にはなりますが、汗を多くかく人は羽毛布団やベッドパッドなどの寝具にはある程度お金をかけるべきです。

それだけ汗は快眠にとっても、衛生的にもよくありません。
吸湿発散性に優れた寝具を選んでください。

あとは羽毛布団の側生地にも気を遣う必要があります。
側生地の素材のなかでは綿が最も吸湿性に優れています。

側生地が綿100%の羽毛布団を選んでください。
綿とポリエステルの混合は避けたほうが無難です。

ポリエステルは綿に比べて発散性に乏しいため、側生地は綿100%のものを選んでください。
もちろん綿ポリのほうが安価ですが、側生地も中身同様とても重要です。
快眠のため、より衛生的に使用するために羽毛布団の側生地も必ず確認しましょう。

羽毛布団が大ピンチ!羽毛価格の高騰の訳とは

2015-01-19

羽毛布団の高騰の訳

最近羽毛布団のお値段が急騰しているって知ってました?
最初に言ってしまうと羽毛布団の買い替えを検討しているなら
本当にはやめに購入したほうが良さそうです。

まずはこの記事を読んで見てください。

http://www.tbsradio.jp/stand-by/2013/06/post_5749.html

  • 円安
  • 鳥インフルエンザの影響
  • 動物愛護
  • フォアグラや北京ダックの消費減
  • 食文化の向上
  • 中国での消費増
  • ダウンジャケットの流行

これらの要因によって羽毛の供給量が足りず、その結果羽毛の値段が高騰しているというわけです。

羽毛が値上がれば、当然ですが羽毛布団のお値段も上がります。
これから急激な値上げになることは必至なのです。

例えば楽天で人気のある羽毛布団も、2年前とはかなり値段が違いますよね。
すでに値段を上げている商品もかなり見受けられますが、それでもまだまだ、これから本格的に高騰することが予想されます。

これから先中国が急に鶏肉を食べる文化に戻ることは考えられません。
ダウンジャケットの流行も続きそうです。
鳥インフルエンザもこの記事を書いている今日ですらニュースになっています。

このように当面は羽毛にとっては厳しい状況が続きそうです。

日本では羽毛布団の普及率が高く、あまり買い替えるものでもないので大きな騒ぎにはなっていませんが、数年後には買い替えようと思っていたなら、
急いで買い替えてしまうほうが賢いかもしれません。

ニトリの羽毛布団の評価と評判は?

2014-08-04

羽毛布団といえば、高級品の代名詞でもありますよね。

ただ、通信販売が台頭してきた昨今、価格崩壊が起きているのも確かです。
楽天やAmazonなどでは数千円の羽毛布団が沢山目につくようになりました。

もちろん、最高級クラスの羽毛布団とはレベルが違いますし、
中身も羽毛というよりかは羽(ハネ)が多くなっており、品質にはかなりの差が生まれています。

そのような状況の中、なるべく安価に品質の良い羽毛布団を探そうとすると、かなり大変な作業になります。

そこでおススメなのが今回紹介するニトリ羽毛布団です。

誰もが知っているあのキャッチコピー「お値段以上、ニトリ。」に恥じる事のない、
まさにお値段以上の羽毛布団を販売しています。

今回はそんなニトリ羽毛布団の評価と評判を紹介していきます。

ニトリの羽毛布団の評価

評価はほぼ一つに絞られます。
それは「コストパフォーマンスの良さ」です。

シングルサイズでで7000円台から羽毛布団のバリエーションがあり、
この価格帯は、実店舗を構えていない通信販売会社と同等レベルの価格帯です。

色々とマイナス面の評判も多いニトリですが、最近は品質向上にかなり力を入れていますし、
何よりも実店舗で使い心地を確かめてから購入できるのは何よりの強みでしょう。

気になる品質としては、価格帯の割には上々です。

羽毛自体のニオイを軽減しただけではなく、羽毛そのものを消臭羽毛・抗菌羽毛に加工した技術「ウォム」を施し、清潔感あふれる羽毛布団となっています。
この品質であれば、お子様やお年寄りにもおススメです。

この価格帯で羽毛含有量50%は、ニトリの企業努力がみられます。

リーズナブルな羽毛布団をお探しの方で、通信販売をちょっと・・・・という方にお勧めのニトリ羽毛布団です。
低価格帯の羽毛布団では一番のオススメかもしれません。

羽毛布団は圧縮袋で収納してもOK?

2013-07-28

羽毛布団を圧縮袋で収納・・・これってNG?

最初に結論を言うとNGです。
もし、あなたが使っている羽毛布団が良いものであればなおさらです。
圧縮することで、羽毛そのものを痛めてしまう可能性があります。
いま、圧縮袋で収納している方がいれば、早めに圧縮袋から出してください。

ただ、大前提として、フェザー配合品でなければ、羽毛布団の専用圧縮袋で、ペッタンコにしない程度に軽く圧縮するなら可能です。
しかし、気合を入れてペッタンコにすると、生地がしわしわで酷いことになってしまうほか、羽がが側生地を突き破ってしまい、布団に穴が開いてしまう可能性があります。
特に、羽が太いフェザー配合品は、とっても要注意です。

ダウンとスモールフェザーだけならば、ぎりぎりセーフでしょう。

ただ、改めてしっかりとお伝えすると、圧縮袋を使うとどうしても大なり小なり、羽毛が痛みます。
これは紛れもない事実です。

羽毛が痛めば、かさ高も減って、保温性も悪くなっていきます。保湿性が悪くなれば衛生的にも難ありです。
どうせ安物だからと割り切れる物ならばいいですが、高級羽毛布団の場合は、絶対に圧縮しない方がいいでしょう。

巷では羽毛布団圧縮袋がたくさん売りに出ていますが、それらすべては安価でリーズナブルな羽毛布団向けの圧縮袋です。
どうしても収納場所がなく、やむを得ない場合を除き、羽毛布団を圧縮袋で収納しない方がいいでしょう。

羽毛布団 ランキング情報!

2013-06-02

気になる羽毛布団のランキング情報!

ランキング情報って気になりますよね。
なかなか買わない商材であればあるほど、失敗したくなくなるのも無理はありません。
他の人が多く買っている人気の商品であれば、余程の事がない限り大きな失敗はしないでしょう。

これはもちろん、羽毛布団のランキングでも同じ事が言えます。
楽天やその他通販サイトのランキング情報をしっかりとチェックすることで、
おのずと他の人が何を優先的に選んでいるのか、重要視しているのかが見えてきます。

また、ランキングを見ていくと、いろんな勉強にもなります。
羽毛布団を選ぼうとしている方は、ランキングサイトで1位~10位ぐらいまでの羽毛布団をチェックして、
いろんな勉強をしてみるのも良いかもしれませんね。見えてくるものがあるはずです。

ちなみに、楽天でランキングで管理人が気になった羽毛布団を簡単にご紹介しましょう。
この商品への楽天のレビュー数のほとんどが5つ星で、平均で4.8を超える支持を集めているものすごい商品です。
さすが楽天で人気の商品ですね。あたたかさを決めるかさ高も18cm以上とものすごいことになっています。

ダウンの比率も93%と非常に高くなっているので、とっても軽く、快適な寝心地を実現できるはずです。 
高品質や超お買得価格の秘密一体何なんでしょうね・・・いずれにせよ安心できる大きな会社なので問題は無さそうでした。

気になる方はぜひ楽天のランキング情報を覗いてみて下さい。15000~30000円程度の羽毛布団がランキングの中ではオススメです!

京都西川と東京西川の違いとは?

2013-05-29

京都西川と東京西川の違いって?

羽毛布団や寝具で有名な「西川」さんですが、意外なことに歴史は1566年と非常に古いんです。

創業447年を迎えておりますが、1940年代に別々の会社になり、西川グループとなったそうです。
西川グループと言ってもそれぞれ別々の会社として今日は営業しいます。しかもそれぞれがライバル関係になっております。

ここで、疑問になってくるのは「それぞれの西川ブランドで品質は異なるの?」という点です。

チェーン店扱い?

上記の問題ですが、そこはご安心下さい。
西川グループは準直営形式による共同ブランドの使用や仕入れ・物流の共有形式のチェーン店ということになってます。
なので品質、ランクはそんなに変わりません。

あくまで「西川ブランド」として考えてしまっても問題ないでしょう。
なんといっても創業400年以上の超老舗です。品質には一切の疑いはありません。
最高級の羽毛布団から、普及品の羽毛布団まで幅広く取り扱っており、老舗ならではの安心感もあります。

京都西川と東京西川、西川など、企業名がごっちゃになってしまうのがちょっと残念ですが、
あくまで消費者としては大きな「西川ブランド」で購入する。という感じで購入したほうが良いかもしれませんね。

細かいことは気にせずいきましょう(・∀・)

ハンドピック?マシンピック?

2013-05-29

手摘みと機械摘みの違い。羽毛の採取方法。

羽毛布団の購入を考えたとき、羽毛の採取方法にも目を向けてみてください。

「ハンドピックポーリッシュホワイトマザーグースダウン」という表記を見たことがあるでしょうか?
その言葉どおり、ポーランド産の母ガチョウの羽毛が充填されている、という意味ですが、ハンドピックとは何を指すのかご存知でしょうか?

ハンドピックという言葉を直訳すれば、『手摘み』になります。
手摘みとは何かと言うと、羽毛を採取するときに手作業で採っているということです。
採取するときに機械を用いることなく、手作業で丁寧に摘んでいるわけです。
ハンドピックで摘まれた羽毛は傷が少ないですから、羽毛は耐久性に優れており、強いものになります。

羽毛布団は耐久性がよいものとされていますが、それはハンドピックであればなおさら耐久性があるので、長く使える布団になります。

ちなみに、機械を使って摘まれた羽毛をマシンピック、つまり機械摘みと呼んでいます。
羽毛を採取するときに傷がついていないので、高品質な布団だとあらわすためにハンドピックという表示がつけられているので、ハンドピックという表記がない羽毛布団はおそらくマシンピックのものでしょう。

ハンドピックのほうがもちろん手間が掛かるわけですから、値段もその分高価になります。
羽毛布団の購入において、ハンドピックの羽毛布団かどうかという問題は優先順位としてはそれほど高くなく、ほかの品質のほうを重視して考える必要はありますが、もし予算があれば、羽毛の採取方法にも目を向けてもよいと思います。

クーリングオフ制度で安心のお買い物

2013-05-24

いくら気をつけていたとしても、訪問販売などで羽毛布団を買わされ、業者がキャンセルを受け付けてくれないことが起きるかもしれません。そんなときはクーリングオフの手続きをしてください。
購入してから8日以内ならクーリングオフの適用が可能です。

羽毛布団の通販で悪徳業者にだまされた場合

クーリングオフの適用を申し出たとしても、悪徳業者は難癖をつけて受け付けてくれないと思います。
キャンセルができないと契約書に書いてある、または今回はクーリングオフの適用外である、といろいろな言い訳をつけてキャンセルさせないようにしてくるでしょう。
適用外のこともあることにはありますが、キャンセルできないことが契約書上にありキャンセルしないと署名したとしてもクーリングオフは適用されます。
訪問販売など、正しい判断ができずに購入してしまった消費者を救うためにもクーリングオフという制度ができたため、実際に自分が店頭で購入した場合には、クーリングオフは適用されません。

なかなかキャンセルしてもらえないときはすぐに消費者センターに連絡を取ってください。どうしても埒が明かない場合は、行政書士などの専門家にお願いして助けてもらいましょう。

クーリングオフの場合、問題が大事になれば大変な労力と精神力を使うことになりますから、はじめからきっぱりと強く断ることをおすすめします。

アイダーダックは別ですが、羽毛布団の値段は昔とは違い、いくら最高級品のものでも何十万もすることはありません。羽毛布団の悪質商法において、被害額の平均は約50万円ほどだそうです。そこまで高い金額の羽毛布団は、デパートに行ったとしてもほとんどありませんからその点を覚えておいてください。

以前は羽毛布団が非常に高価でしたので、何十万してもそんなものだろう、と思ってしまうかもしれません。しかし、今はかなり値段が下がっていますので、何十万円もする羽毛布団を訪問販売で出されても、それは適正な価格であるわけがないのです。だまされることがないよう、気をつけてください。

羽毛布団の意識調査で驚きの…!

2013-05-19

羽毛布団は毛布の上と下のどちらにした方がよいと思いますか?

2009年の3月にYAHOOでその質問に対する意識調査が行われました。その結果、羽毛布団は毛布の上にすると答えた人は全体の58%もいました。

この結果には驚かされます。これまで何度も申し上げたことですが、羽毛布団は自分の体温で温めるから温かいのです。体温の温かさが布団に伝わり、それで温かさを感じるのですから、下に毛布があれば体温は羽毛布団には伝わりにくくなってしまいます。羽毛布団の側生地が上質であったとしても、毛布があっては意味がありません。温かさが損なわれてしまっては羽毛布団の良さが発揮されません。58%もの人が、羽毛布団の良さを味わえないでいるとは驚きです。

このような結果を生んでしまった原因は販売する側にもあるのではないでしょうか?デパートでも専門店でも、羽毛布団の温かさはどのようにうまれるかを消費者にきちんとわかるように説明し、羽毛布団をどのように使えば温かく眠ることができるかを伝えてから販売すべきなのです。

毛布をかける必要がないのに毛布をかけてしまう人もいるでしょう。羽毛布団1枚では寒いと考えて、最初から毛布を併用してはいないでしょうか?毛布が必要か否かも販売店はきちんと説明しなくてはならないと思います。

羽毛布団は急速に普及した商品です。偽装も多くありますが、販売店側も羽毛布団に対して正確な知識を持っているでしょうか?わからないままに売る販売店側にも責任はあると思います。

羽毛布団のアレルギー

2013-05-18

羽毛布団はハウスダストの温床だと言われます。
ハウスダストアレルギーの人は、羽毛布団を使うことができないのでしょうか?
アレルギーは非常にデリケートな問題なので、まずはお医者さんに見解を求めてください。

 

もしお医者さんに羽毛布団を使うことを控えるように言われたなら、羽毛布団を使うことはやめたほうがよいでしょう。
しかし、羽毛布団以外で選択するとなると使える布団の種類は少なくなりますし、羽毛布団以外で一枚でも軽くて温かい布団、となるとなかなかめぐりあえません。重い布団で何枚も重ねて、となればアレルギー以外の問題も出てきます。

お医者さんの意見が何より一番ですが、アレルギーの程度が低いのであれば羽毛布団を使用しても大丈夫だと思います。ハウスダストアレルギーの人でも羽毛布団を使用している人はいます。しかし、アレルギーの人は、羽毛布団を選ぶときに以下のことに気をつけ、慎重に選ぶようにしてください。

アレルギーを回避するために。

まず一番は羽毛の質です。
できれば、国内で洗浄されており、しっかり殺菌された羽毛を使用した布団を選んでください。良質な羽毛は湿度の調整もきちんとしてくれますから、寝汗をすぐに発散し、布団の中に湿気をこもらせることはありません。ハウスダストが繁殖するような環境を作らないので、安全な布団だと言えます。

次に気をつけることは側生地選びです。
生地の打ち込みの多い生地の羽毛布団であれば、ハウスダストが入り込めません。
布団の中でハウスダストが繁殖することができないので、生地の打ち込み本数は重要なポイントとなります。しっかり確認するようにしましょう。

羽毛の質も良く、側生地の打ち込みも多い羽毛布団となるとお値段も少々張るかもしれません。しかし、安眠や快眠を得るためには、自分の体への投資と思って多少の出費は覚悟して選んだほうが良いでしょう。
良質な羽毛布団であれば耐久性も抜群のため、寿命も数十年あるでしょうから、布団の値段が高くても、将来的に見れば安い買い物になるかもしれません。

ハウスダストアレルギーの人は、羽毛布団を購入するときにまずはお医者さんに相談してみてください。そのうえで、羽毛の質や側生地を調べ、自分にあった最高の羽毛布団を選んでください。

« Older Entries
Copyright(c) 2013 umo-futon.net All Rights Reserved. 羽毛布団のことなら「羽毛布団ねっと」