Posts Tagged ‘ブログ’

羽毛の価格が高騰 今が買い時って本当なの?

2015-03-16

羽毛布団の値段が急騰していることをご存じですか?
実は羽毛布団に限らず、羽毛製品の価格は上昇傾向にあります。
これにはいくつかの原因が考えられます。

まず、羽毛の生産量が減っていること。羽毛は食用の副産物として作られています。
今問題となっているのがフォアグラで、フォアグラの生産量が減っていることで、羽毛の生産量も減少しています。

細かい話は省きますが、動物愛護の観点からフォアグラの生産量はかなり少なくなっています。
ヨーロッパではフォアグラの生産を禁止している国もあるほどで、その結果副産物としての羽毛もとれなくなっているのです。

ことの善し悪しは別として事実減少していることは間違いありません。
さらに鳥インフルエンザ、食文化の向上により羽毛の元になる鳥の生産も減少しています。
つまり供給が大幅に減っているのです。

一方需要は増えています。
ダウンジャケットの大流行は皆さんご存じだと思いますが、生産量が限られているなか、羽毛布団ではなくダウンジャケットに羽毛が流れているのです。
さらに今まで供給側だった中国に富裕層が生まれたことで、すでに最需要国となっています。

このように羽毛は供給が減少しているにも関わらず、需要は増加しており、この流れは当分変わりそうにありません。
とすれば羽毛の価格はさらに上がり、羽毛布団も値上がりすることが予想されます。

羽毛布団の買い替えを検討している人はおはやめに購入を考えてください。

ニッポン放送ラジオリビングの羽毛布団って本当にお買い得なの?

2015-02-23

ニッポン放送ラジオリビングの羽毛布団の口コミ・評判

今日車に乗ってニッポン放送を聞いていたら、羽毛布団のラジオショッピングをやっていました。
ちょっと気になったのでそれについて書いてみたいと思います。

そこまで詳しく一語一句覚えていないのですが、まず、ラジオで言っていたのが、「羽毛の混合率は通常50%~70%が多く、この羽毛布団はなんと90%」

これを聞いたとき、おいおいさすがにそりゃないだろうと。
他の羽毛布団屋さんがちょっと怒りそうな表現です。

このサイトでもかなりの羽毛布団を紹介してきましたが、いくら安くても羽毛の混合率は大体85%以上はあります。

正直その辺のスーパーへ行って羽毛布団を見てみても混合率が50%なんて売っているのをほとんど見たことがありません。70%の混合率ですらあまり見かけることはないですよね。

で、このニッポン放送のラジオリビングの羽毛布団、ハンガリー産の羽毛が90%で立体キルトで国内仕上げでシングルが28,800円。

これだけではちょっとお買い得なのか分からないのでもう少し詳しくスペックを見ていきます。

まずハンガリー産の羽毛ですが、これグースではなくダック。
産地はいいとしても高品質なグースの羽毛ではありません。

もちろん一概にはいえませんが、一般的にはダックよりもグースの方が、ダウンボールが大きく保温力に優れています。

立体キルトは今や当たり前ですからこれも売りにはなりにくい。
側生地は超長綿100%でこれはよさそうです。
ダウンパワーを示すラベルはロイヤルゴールドラベルが付いています。

このスペックでシングルサイズが28,800円がどうかというと、正直、妥当。
とってもお買い得とまではいかないかなというのが感想です。

ただ、この羽毛布団、実はすごく評価できるポイントがあります。
※上から目線で申し訳ない

ニッポン放送ラジオリビングの羽毛布団の評価

それは羽毛充填量が1.0kgと少ないこと。
少ないと書くとマイナスな表現に聞こえますが、羽毛布団では逆です。
軽くて暖かいことこそが羽毛布団の良さですから、軽くて暖かくできるのならそれは品質が高いということです。

このラジオリビングの羽毛布団も軽さにこだわって作られているそうですが、1.0kgで真冬1枚でしのげるレベルのロイヤルゴールドラベル品質なら、購入してみる価値は十分にありそうです。

テレビショッピングなどで羽毛を増量しました!などといかにも増量がお得に感じるような売り方を目にしますが、増量するということは重くするということで、さらにいえば増量しないと保温力を保てないほどの品質だということです。

増量を売りにすることで逆に品質の悪さを露呈してしまっているのです。

ラジオリビングの羽毛布団のコンセプトは軽さと暖かさ。
それは実は最も羽毛布団に求められている特徴です。
1.0kgで暖かさが保てるなら上質な羽毛布団だと言えます。

変に一般的な羽毛布団は、、、とかではなく、もっとこの軽さの部分を売りにしてラジオショッピングをやればいいのになとちょっと思ったりします。

汗っかきの人におすすめの羽毛布団の選び方

2015-02-20

汗っかきの人にとっての羽毛布団の選び方はちょっと基準が異なります。
通常は暖かさと軽さに重点をおいて羽毛布団を選ぶのが一般的ですが、汗を多くかく人は、まず何よりも通気性に重点をおいて選びましょう。

もちろん暖かさと軽さも重要なので、プラスで通気性を気にして選ぶと言ったほうがいいかもしれません。
いかに羽毛布団に汗を溜め込まないかが重要で、なかに汗がこもってしまうと羽毛は痛みカビやハウスダストの温床になりかねません。

羽毛には汗などの水分を弾く効果がありますが、それはあくまでも水鳥の羽毛の場合。
水鳥ではない羽毛ではそこまで汗を弾いてくれません。

これはかなり重要なことですが、水鳥の羽毛かどうかは表示されていることも少なく、判断が難しいのが現状です。

とすればは羽毛の産地から選ぶしかありませんが、ポーランド産やハンガリー産などグレードの高い羽毛が充填された羽毛布団を選んでください。
多少高額にはなりますが、汗を多くかく人は羽毛布団やベッドパッドなどの寝具にはある程度お金をかけるべきです。

それだけ汗は快眠にとっても、衛生的にもよくありません。
吸湿発散性に優れた寝具を選んでください。

あとは羽毛布団の側生地にも気を遣う必要があります。
側生地の素材のなかでは綿が最も吸湿性に優れています。

側生地が綿100%の羽毛布団を選んでください。
綿とポリエステルの混合は避けたほうが無難です。

ポリエステルは綿に比べて発散性に乏しいため、側生地は綿100%のものを選んでください。
もちろん綿ポリのほうが安価ですが、側生地も中身同様とても重要です。
快眠のため、より衛生的に使用するために羽毛布団の側生地も必ず確認しましょう。

羽毛布団が大ピンチ!羽毛価格の高騰の訳とは

2015-01-19

羽毛布団の高騰の訳

最近羽毛布団のお値段が急騰しているって知ってました?
最初に言ってしまうと羽毛布団の買い替えを検討しているなら
本当にはやめに購入したほうが良さそうです。

まずはこの記事を読んで見てください。

http://www.tbsradio.jp/stand-by/2013/06/post_5749.html

  • 円安
  • 鳥インフルエンザの影響
  • 動物愛護
  • フォアグラや北京ダックの消費減
  • 食文化の向上
  • 中国での消費増
  • ダウンジャケットの流行

これらの要因によって羽毛の供給量が足りず、その結果羽毛の値段が高騰しているというわけです。

羽毛が値上がれば、当然ですが羽毛布団のお値段も上がります。
これから急激な値上げになることは必至なのです。

例えば楽天で人気のある羽毛布団も、2年前とはかなり値段が違いますよね。
すでに値段を上げている商品もかなり見受けられますが、それでもまだまだ、これから本格的に高騰することが予想されます。

これから先中国が急に鶏肉を食べる文化に戻ることは考えられません。
ダウンジャケットの流行も続きそうです。
鳥インフルエンザもこの記事を書いている今日ですらニュースになっています。

このように当面は羽毛にとっては厳しい状況が続きそうです。

日本では羽毛布団の普及率が高く、あまり買い替えるものでもないので大きな騒ぎにはなっていませんが、数年後には買い替えようと思っていたなら、
急いで買い替えてしまうほうが賢いかもしれません。

羽毛布団は洗濯機で洗える?

2014-09-16

羽毛布団といえば、「自宅で洗えない」というのが通説です。

羽毛布団は繊細でナイーブな寝具なので自宅で「洗濯器で洗う」のは完全にNGです。

何も考えずに、対策せずに洗濯機で洗うとどうなるか・・・
羽毛が洗濯機の中に飛び散り、洗濯機内はぐじゃぐじゃのどろどろ状態になってしまいます。

高級であればあるほど洗濯機で洗うのは完全NGです。

これらを防ぐために世の中に羽毛布団専門クリーニング屋があるのです。
しっかりとそこを理解しておきましょう。

世の中には「洗える羽毛布団」というものもありますがかなりのイレギュラーです。

もし、どうしても家で洗いたい!

という方がいるのであれば、洗濯機で洗うのは辞めましょう。
桶に30度以下のぬるま湯をたーっぷり入れて「手洗い」で洗いましょう。

優しく優しくもむように洗い、羽毛に傷つけないよう気を付けて洗ってください。
洗剤も薄めでいいです。

もし、体重の軽い方であれば足で踏みながら洗っても良いです。

そして大事なのが濯ぎです。
最低でも3回はしましょう。

そして、1日かけて風呂場で水気をとり、さらに日陰で1-3日かけて干しましょう。

これだけの時間をかけるのが羽毛布団のクリーニングなのです。

めんどくさいと思った人は、時間を買う意味でも専門業者に出しちゃった方がベターです。

私は失敗も怖いので必ず業者に出します。

羽毛布団のクリーニング&保管サービスとは?

2014-09-02

羽毛布団はそれこそ数十年ももつ非常にコスパの良いアイテムです。
しかし、それはしっかりとクリーニングなどのお手入れと、しっかりとした保管をして初めて可能となります。

そしてこのクリーニングは自宅ではできないのです。
このサイトでもお伝えしているように、必ず専門業者に数年に一度出さなくてはいけません。
それさえ守っていれば長く愛用できるでしょう。

また、それと同じぐらい大事なのが「保管方法」です。
このサイトの他エントリー「羽毛布団の収納方法」で詳しくご紹介しましたが、じつはさらにおすすめの保管方法があるのです。
それは業者の羽毛布団の保管預かりサービスを利用することです。

そう、クリーニングに羽毛布団をだしたあと、そのままクリーニング業者に6か月~1年間預かってもらうというシステムです。

楽天上でも人気の業者もありますし、結構メジャーな存在になってきました。

ベストな選択は夏用の羽毛布団・肌掛けと冬用の羽毛布団を6ヶ月クールでクリーニング&保管預かりサービスを利用することです。

これであれば、クリーニングに出しつつ、使わない羽毛布団を預かってもらえるのです。

まぁ、この方法はおもいっきりお金がかかる方法ですので、数年に一回これを出来れば全く問題ないでしょう。

夏用の羽毛布団のおすすめ。夏も使える羽毛布団。

2014-08-13

夏用の羽毛布団のおすすめ情報

そもそも、羽毛布団は年間を通して使える万能の寝具といわれています。
ある程度は夏に使っても全く問題ないレベルでしょう。

さらには夏はエアコンを点けるのであればむしろ羽毛布団一枚で通年使えるものです。
というのも眠っている間にかいた、大量の汗や湿気を羽毛布団の羽毛が汗を吸収・発散してくれるので、夏場にもカラッと爽やか快適に眠れるのです。

ついでにエアコンの効き過ぎによる身体の「冷え」までも軽減してくれます。

そんな羽毛布団ですが、さすがに夏は暑いよ!という方も多いのも確かです。
管理人も暑がり&エアコン苦手なので、夏は暑いまま寝ることが多く、そんなときに羽毛布団で暑すぎる場合が多くなっています。

そこでおススメが夏用の羽毛布団

簡単に言うと、肌掛けタイプの羽毛布団がお勧めです。

一般的な羽毛布団より羽毛の量を減らし、薄く軽くした肌掛けタイプの羽毛布団であれば夏もカラッと快適に使えます。

これであれば、汗の吸湿発散性も失うことはなく、理想的な睡眠環境で寝ることが可能です。

更には、秋になってきたときは、肌掛けの上にタオルケットなどをかぶせれば肌寒くなってきたころまで使えることもできますし、
冬の寒い時期に通常の羽毛布団に肌掛けを重ねる事で保温性を劇的にアップさせることも可能です。

このように使い勝手の良い夏用の羽毛布団。
一枚家にあるととっても便利です。

この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

ニトリの羽毛布団の評価と評判は?

2014-08-04

羽毛布団といえば、高級品の代名詞でもありますよね。

ただ、通信販売が台頭してきた昨今、価格崩壊が起きているのも確かです。
楽天やAmazonなどでは数千円の羽毛布団が沢山目につくようになりました。

もちろん、最高級クラスの羽毛布団とはレベルが違いますし、
中身も羽毛というよりかは羽(ハネ)が多くなっており、品質にはかなりの差が生まれています。

そのような状況の中、なるべく安価に品質の良い羽毛布団を探そうとすると、かなり大変な作業になります。

そこでおススメなのが今回紹介するニトリ羽毛布団です。

誰もが知っているあのキャッチコピー「お値段以上、ニトリ。」に恥じる事のない、
まさにお値段以上の羽毛布団を販売しています。

今回はそんなニトリ羽毛布団の評価と評判を紹介していきます。

ニトリの羽毛布団の評価

評価はほぼ一つに絞られます。
それは「コストパフォーマンスの良さ」です。

シングルサイズでで7000円台から羽毛布団のバリエーションがあり、
この価格帯は、実店舗を構えていない通信販売会社と同等レベルの価格帯です。

色々とマイナス面の評判も多いニトリですが、最近は品質向上にかなり力を入れていますし、
何よりも実店舗で使い心地を確かめてから購入できるのは何よりの強みでしょう。

気になる品質としては、価格帯の割には上々です。

羽毛自体のニオイを軽減しただけではなく、羽毛そのものを消臭羽毛・抗菌羽毛に加工した技術「ウォム」を施し、清潔感あふれる羽毛布団となっています。
この品質であれば、お子様やお年寄りにもおススメです。

この価格帯で羽毛含有量50%は、ニトリの企業努力がみられます。

リーズナブルな羽毛布団をお探しの方で、通信販売をちょっと・・・・という方にお勧めのニトリ羽毛布団です。
低価格帯の羽毛布団では一番のオススメかもしれません。

羽毛布団はコインランドリーで洗える?

2013-09-01

まず、大然として羽毛布団ははコインランドリーで洗うものではありません。
ここをしっかりと理解したうえで下記に進んで行ってくださいね。

そもそも羽毛布団の中に入っている羽毛やダウンフェザーは、
圧縮したり、日干ししたりするだけで痛む事もある繊細な素材なのです。
それをコインランドリーで洗濯してしまうと、あとはわかりますよね。

羽毛自体を痛めつけるならまだしも、最悪の場合、羽毛が洗濯中に飛び出てしまい、
コインランドリー中に散乱してしまう事も考えられます。

ところがどっこい、最近のコインランドリーでは「羽毛洗えます」なんて謳い文句のランドリーも見かけますが、
安直に信用しない方が良いでしょう。

特に羽毛布団はピンキリです。
良いものから悪いものまであり、生地やカバーまで千差万別です。
そのようなものを「羽毛布団」という言葉でまとめてしまい、「洗えます」と表現してしまうのには疑問を覚えます。

羽毛布団は人生の3分の一を占める睡眠をサポートする大事な寝具ですので、しっかりとメンテナンスして大事に使っていきましょう。
少し値は張りますが、しっかりとクリーニング業者に出すことが重要です。

ちなみに羽毛は3~4年に1回のペースでのクリーニングがオススメです。
(洗い過ぎも羽毛や側地を痛めますよ)

最近では、お店に出向かなくても宅急便で送って、受け取るだけのクリーニングサービスもかなり普及してきました。
コインランドリーは確かに楽そうに思えますが、コインランドリーで洗ってしまうとデメリットが多すぎます。

しっかりと専門の業者に出して、安全にメンテナンスしてもらいましょう。

羽毛布団のクリーニングについて

2013-08-17

羽毛の掛け布団は基本的にキルティングが施されているため、そのまま洗っても問題ないとも言われています。
ただ、この場合、高級であれば高級であるほど、そうではない。という事を知っておいてください。
高級な羽毛布団をクリーニングする際は、しっかりと専門のクリーニング業者へ依頼しましょう。

高級な羽毛布団というものは、手触りを重要視しているため、
側生地をコーティングしていません。そのため、普通にクリーニングしてしまうと羽毛が漏れてしまうのです。

基本的には羽毛布団はクリーニング業者に任せましょう。
これはケチらずにしっかりと業者にお願いすることが大事です。

ちなみに羽毛布団のキルティングとは、羽毛が偏らないように布団の内部を分割している構造のことです。
一方、敷布団の多くは、キルティングが施されていないため、そのまま洗うと、中の綿が偏ってしまって、取り返しのつかないことになるそうです。

敷布団もできればクリーニング業者へ出すことをおすすめします。

このように、羽毛布団は自分で洗うことはお勧めしません。
必ず、クリーニング業者へクリーニングを出して、しっかりとメンテナンスしましょう。

基本的には、影干しして日頃のお手お入れを行い、
定期的にクリーニング業社へ出しましょう。

ちなみに、最近では楽天市場にて羽毛布団の預かりクリーニングサービスが出店しているらしいですね。
非常に簡単に申し込みができますので、楽天サービスに加入している人は、この楽天クリーニングサービスを利用しても良いかもしれませんね。

« Older Entries
Copyright(c) 2013 umo-futon.net All Rights Reserved. 羽毛布団のことなら「羽毛布団ねっと」