Posts Tagged ‘夏用’

羽毛の価格が高騰 今が買い時って本当なの?

2015-03-16

羽毛布団の値段が急騰していることをご存じですか?
実は羽毛布団に限らず、羽毛製品の価格は上昇傾向にあります。
これにはいくつかの原因が考えられます。

まず、羽毛の生産量が減っていること。羽毛は食用の副産物として作られています。
今問題となっているのがフォアグラで、フォアグラの生産量が減っていることで、羽毛の生産量も減少しています。

細かい話は省きますが、動物愛護の観点からフォアグラの生産量はかなり少なくなっています。
ヨーロッパではフォアグラの生産を禁止している国もあるほどで、その結果副産物としての羽毛もとれなくなっているのです。

ことの善し悪しは別として事実減少していることは間違いありません。
さらに鳥インフルエンザ、食文化の向上により羽毛の元になる鳥の生産も減少しています。
つまり供給が大幅に減っているのです。

一方需要は増えています。
ダウンジャケットの大流行は皆さんご存じだと思いますが、生産量が限られているなか、羽毛布団ではなくダウンジャケットに羽毛が流れているのです。
さらに今まで供給側だった中国に富裕層が生まれたことで、すでに最需要国となっています。

このように羽毛は供給が減少しているにも関わらず、需要は増加しており、この流れは当分変わりそうにありません。
とすれば羽毛の価格はさらに上がり、羽毛布団も値上がりすることが予想されます。

羽毛布団の買い替えを検討している人はおはやめに購入を考えてください。

羽毛布団が大ピンチ!羽毛価格の高騰の訳とは

2015-01-19

羽毛布団の高騰の訳

最近羽毛布団のお値段が急騰しているって知ってました?
最初に言ってしまうと羽毛布団の買い替えを検討しているなら
本当にはやめに購入したほうが良さそうです。

まずはこの記事を読んで見てください。

http://www.tbsradio.jp/stand-by/2013/06/post_5749.html

  • 円安
  • 鳥インフルエンザの影響
  • 動物愛護
  • フォアグラや北京ダックの消費減
  • 食文化の向上
  • 中国での消費増
  • ダウンジャケットの流行

これらの要因によって羽毛の供給量が足りず、その結果羽毛の値段が高騰しているというわけです。

羽毛が値上がれば、当然ですが羽毛布団のお値段も上がります。
これから急激な値上げになることは必至なのです。

例えば楽天で人気のある羽毛布団も、2年前とはかなり値段が違いますよね。
すでに値段を上げている商品もかなり見受けられますが、それでもまだまだ、これから本格的に高騰することが予想されます。

これから先中国が急に鶏肉を食べる文化に戻ることは考えられません。
ダウンジャケットの流行も続きそうです。
鳥インフルエンザもこの記事を書いている今日ですらニュースになっています。

このように当面は羽毛にとっては厳しい状況が続きそうです。

日本では羽毛布団の普及率が高く、あまり買い替えるものでもないので大きな騒ぎにはなっていませんが、数年後には買い替えようと思っていたなら、
急いで買い替えてしまうほうが賢いかもしれません。

夏用の羽毛布団のおすすめ。夏も使える羽毛布団。

2014-08-13

夏用の羽毛布団のおすすめ情報

そもそも、羽毛布団は年間を通して使える万能の寝具といわれています。
ある程度は夏に使っても全く問題ないレベルでしょう。

さらには夏はエアコンを点けるのであればむしろ羽毛布団一枚で通年使えるものです。
というのも眠っている間にかいた、大量の汗や湿気を羽毛布団の羽毛が汗を吸収・発散してくれるので、夏場にもカラッと爽やか快適に眠れるのです。

ついでにエアコンの効き過ぎによる身体の「冷え」までも軽減してくれます。

そんな羽毛布団ですが、さすがに夏は暑いよ!という方も多いのも確かです。
管理人も暑がり&エアコン苦手なので、夏は暑いまま寝ることが多く、そんなときに羽毛布団で暑すぎる場合が多くなっています。

そこでおススメが夏用の羽毛布団

簡単に言うと、肌掛けタイプの羽毛布団がお勧めです。

一般的な羽毛布団より羽毛の量を減らし、薄く軽くした肌掛けタイプの羽毛布団であれば夏もカラッと快適に使えます。

これであれば、汗の吸湿発散性も失うことはなく、理想的な睡眠環境で寝ることが可能です。

更には、秋になってきたときは、肌掛けの上にタオルケットなどをかぶせれば肌寒くなってきたころまで使えることもできますし、
冬の寒い時期に通常の羽毛布団に肌掛けを重ねる事で保温性を劇的にアップさせることも可能です。

このように使い勝手の良い夏用の羽毛布団。
一枚家にあるととっても便利です。

この機会に手に入れてみてはいかがでしょうか。

Copyright(c) 2013 umo-futon.net All Rights Reserved. 羽毛布団のことなら「羽毛布団ねっと」