5万円以下の羽毛布団の選び方


価格別羽毛布団の選び方 5万円以下の羽毛布団

5万円以下で最良の羽毛布団を購入する選び方をお話しましょう。
店頭で購入するならハンガリー産の羽毛比率の高い羽毛布団をおすすめします。

ポーランド産で羽毛比率が93%以上あれば理想ですが、店頭販売の5万円以下ではちょっと難しいです。
5万円以下の羽毛布団に軽さを求めることは難しいので、保温力を重点に考えましょう。

寒いために毛布をかけたらさらに重くなりますので、できるだけふかふかでかさ高のある羽毛布団を選んでください。軽さよりもまず保温力が大切です。200gから400gの差なら、軽さよりかさ高です。5万円以下で、かつ1kg以下の羽毛布団の場合、真冬にその1枚だけですごすことはおそらく不可能です。
多少重さがあったとしても1枚でも温かく過ごせる布団を選んでください。

ネット販売など通販を見てみれば、5万円以下の激安羽毛布団が中心的に売り出されています。
通販であればポーランド産の羽毛布団も購入できるかもしれません。通販は店舗を持たないため人件費が節約できる分だけ価格も抑えられますが、実際に自分で触れて確かめることができないため、不安な買い物になります。
しかし、ネット販売のほうが店舗販売よりも同じ値段で質の良いものが手に入ります。

しかし、いずれにせよ一番優先するのは保温力にしてください。まずこだわってほしいのはかさ高です。
同じかさ高であれば、羽毛の産地に目を向け、より寒い地域で採れた羽毛を選びましょう。

羽毛の産地にこだわって羽毛比率を下げてしまったら、かさ高が下がり保温力も下がってしまいます。
それでは温かさが一番の特徴である羽毛布団の意味がなくなります。5万円以下の羽毛布団の場合は、保温力を一番に考えましょう。
羽毛比率やかさ高を見て、温かい布団を選びましょう。

5万円以下の羽毛布団ですと、どうしても羽毛の臭いはある程度あると思ってください。ネット通販では実際に見ることができないため確認できませんが、ほとんどの布団は臭いは避けられません。
羽毛布団の臭いがどうしても嫌だ、と言う人は、もう少し予算をあげるか、ネット通販でなく店頭で確認してから購入するようにしてください。

5万円以下の羽毛布団であっても、粗悪品も確かに数多くあるとは思いますが、良質のものは絶対に手に入ります。羽毛の臭いや布団の重さについてはあきらめ、真冬でも1枚で過ごせるような温かい羽毛布団を見つけてください。その中で、なるだけ臭いの少ない軽い布団を探しましょう。


Copyright(c) 2013 umo-futon.net All Rights Reserved. 羽毛布団のことなら「羽毛布団ねっと」