無印良品の羽毛布団評価


無印良品では、生活雑貨から家具まであらゆる商品が売られています。
その中のひとつに羽毛布団があります。
羽毛布団の平均的なお値段を見ればたしかにお得感はありますが、あえて無印良品の中で最高グレードの羽毛布団を例に挙げたいと思います。

ポーランド産ホワイトマザーグースの羽毛で、ダウンの比率が95%というディノスと同じスペックの羽毛布団が売られています。
無印良品では手選別というところにこだわり強調しています。

手選別とはどういう意味で使っているのでしょうか?
ハンドピックと同じ意味であれば、羽毛を手で丁寧に摘んでいて羽毛に傷がついていないことを指し、上質な羽毛の基準になります。
最近、動物愛護についてヨーロッパで議論になったため、ハンドピックという表記を自主規制するようになって来ました。
そのために手選別と言葉を変えたのかもしれません。
おそらく、無印良品の手選別とはハンドピックと同じ意味でしょう。

無印良品の羽毛布団のスペックですが、かさ高は18センチで重さは1.0kgになっていますから、軽さと保温については最高だと思います。
ボリューム感を出すためか、キルティングも二層式です。

しかし、問題は側生地でしょう。
上質な超長綿なら言うことなしですが、綿100%としか表示がないので、品質はそれ以上わかりかねます。

最高級の羽毛布団なのですから、側生地にもこだわってほしかったのに残念です。すべてがそろっているディノスの羽毛布団のほうがお買い得かもしれません。


Copyright(c) 2013 umo-futon.net All Rights Reserved. 羽毛布団のことなら「羽毛布団ねっと」