羽毛布団の収納方法


羽毛布団の正しい収納方法をご存知でしょうか?

羽毛布団はかさばるので収納方法は難しいです。しかも情報もさまざま飛び交っていますから誤解されている部分も多いでしょう。
これから、羽毛布団の正しい収納方法について考えていこうと思います。

羽毛布団には圧縮袋は使っていいのでしょうか。
これには賛否両論ありますが、やはり使うことはおすすめできません。羽毛布団に充填されている羽毛は生きて呼吸しています。圧縮袋に入れてしまうとまったく呼吸ができなくなりますので、羽毛布団を圧縮袋で収納することはやめたほうが良いでしょう。

 

圧縮袋に入れることで羽毛の羽根が折れるという理由で、圧縮袋を反対する方もいらっしゃいますが、それも一理あります。
しかし、一番の問題は羽毛が呼吸できないことです。呼吸ができないと圧縮袋から出しても羽毛は復元することなくかさ高を失ってしまいます。
かさ高がなければ、羽毛布団の魅力である温かさを失ってしまうことになります。
羽毛布団は、羽毛が復元しないと元に戻ることはありません。
頑張って高いお金で購入した大事な羽毛布団が、圧縮袋で台無しになってしまっては大変ですので、圧縮袋は使わないでください。

 

それならば、羽毛布団はどのように収納したらよいのでしょうか?
羽毛布団を購入したときに入っていた袋に入れて収納すれば一番良いです。羽毛布団の収納袋は、いろいろ通気性をよくするために工夫がされていますし、ほとんどは不織布で作られています。
もともと入っていた収納袋に戻せるぐらいに空気を抜いてから袋に入れ、羽毛布団を収納しましょう。
綿布団は空気が抜きにくいですが、羽毛布団はそれほどかさばらずに購入したときの収納袋におさまります。それで保管すれば一番良い収納方法です。

そして収納場所についでですが、ベッドの下の収納に収めようと思う方が多いと思います。そこに入れようと思って圧縮袋の利用を考えられた方もいらっしゃるでしょう。
しかし、ベッドの下は汗がたまりやすく湿気もたまりやすいため、布団の収納場所としてはおすすめできません。
湿気は低いところに流れますので、布団だけでなく洋服の収納などもやめたほうがよいでしょう。羽毛布団は押入れの上の段など少し高いところで保管してあげてください。


Copyright(c) 2013 umo-futon.net All Rights Reserved. 羽毛布団のことなら「羽毛布団ねっと」