羽毛布団の産地


羽毛布団の産地はどこがいい?

 

羽毛布団を選ぶときにポーランド産とかハンガリー産という言葉を聞いたことはありませんか?これは羽毛布団を製造した場所ではなく、羽毛が採取された場所を指しています。羽毛の産地も羽毛布団選びには大切な項目のひとつですから、羽毛布団の購入を考えている方には、羽毛の種類と同じように気をつけてみる必要があります。

 

羽毛の主な産地は中国や台湾などのアジア圏とポーランド、ハンガリー、イングランドなどのヨーロッパ圏になります。その他、シベリア、カナダも産地として有名です。

では、どこの地域でとれた羽毛が一番良質なのでしょうか?

 

中国や台湾などは食用で使う鳥の副産物として羽毛をとっていますし、羽毛は小さくてあまり良質とは言えません。

ヨーロッパでも同じように副産物として羽毛をとっていますが、中国や台湾よりも寒い地域なのでダウンボールも大きく羽毛も良質のものとなっています。

つまり、寒い地域の水鳥のほうが、豊かな羽毛(ダウンボール)を持っていると言えるでしょう。

 

羽毛布団の品質で一番望まれるのはそのかさ高です。

かさ高は高ければ高いほど、中に多くの空気を含んでくれますから、布団は温かさを保ってくれます。

ダウンボールが大きければ少ない量でもかさ高をだせますから、軽くて温かい羽毛布団を作ることができます。寒い地域で採れた羽毛は一つ一つのダウンボールが大きいですからほかの地域で採れた羽毛より少ない量でもかさ高が出せます。だから寒い地域で採取された羽毛のほうがいいというわけです。

 

羽毛布団を選ぶときに産地を見ることは重要です。しかし、ほかにも重要なポイントはいくつもあるので産地だけが選ぶ基準とは言えません。

羽毛布団はかさ高があって軽いものが一番です。寒い地域で育った水鳥の羽毛を使えば軽くて温かい羽毛布団が作りやすいので、寒い地域で採れた羽毛のほうがよいと申し上げたまでです。ですから産地だけにこだわらなくてもよいと思います。何より温かくて軽い羽毛布団が一番なのですから、羽毛がどこで採取されたかだけに注目するのではなく、かさ高があって軽い布団を選ぶようにしましょう。


Copyright(c) 2013 umo-futon.net All Rights Reserved. 羽毛布団のことなら「羽毛布団ねっと」