羽毛布団の耐久性


羽毛布団ってどのくらいもつの? 耐久性は?

羽毛布団はいったいどのくらいの年月使用することができるのでしょうか?布団を選ぶとき、その耐久性も大事なポイントになりますので、これからお話しすることを参考になさってください。

 

一般に考えて、きちんとメンテナンスさえすれば掛け布団の中でもっとも耐久性があり、長く使えるのが羽毛布団です。

質によっても多少異なりますが、羽毛自体はかなり長い年月使用することができます。実際に100年経ってもまだ大丈夫な羽毛もあるそうです。羽毛はへたってしまうことがないのです。

 

ではどこで耐久性が別れるかというと、それは側生地にあります。羽毛布団の側生地は、中から羽毛が吹き出さないよう、またはダニなどが中に入らないようにかなり細かく繊細に織られています。かなり丈夫なため、あまり痛まず長持ちします。

 

羽毛布団は中身の羽毛も側生地も耐久性が良いですから、もちろんグレードによって多少は変わってきますが、全体的に長持ちする布団だと言えるでしょう。羽毛布団の耐用年数は15年から20年だとよく言われていますが、最高級の羽毛布団になれば耐用年数はさらに長くなります。またリフォームをすれば、ほぼ一生使うことができます。

 

羽毛布団の価格が上がれば側生地が良くなりますから、その耐久性はだいたい値段に比例しています。側生地が良い羽毛布団であれば、身体への密着度も高く保温性も高くなりますから、耐久性だけでなく機能性も良くなります。

 

良い布団を選べば、長い間、毎日快適な睡眠が約束されます。幸せな睡眠を得るために良い羽毛布団を選んでください。


Copyright(c) 2013 umo-futon.net All Rights Reserved. 羽毛布団のことなら「羽毛布団ねっと」